検索 産地について産地 ショップについて ガイド
閉じる

HOME > ヴァンドール(福岡セラー) > オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ レ・カボット

赤系果実
ハーブ

ボディ

ライト
12345
フル

タンニン(赤)

控えめ
12345
強い

甘味

辛口
12345
甘口

果実味

控えめ
12345
豊か

アルコール度数

低い
12345
高い

地図

オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ レ・カボット

Hautes Côtes de Nuits Rouge Les Cabottes 2018

バランスの取れたスタイリッシュ・ピノ

    20%OFF
  • 販売価格¥3,168(税込)
  • 希望小売価格¥3,960(税込)
生産者
クリュションドー Cruchandeau
生産地
フランス/ブルゴーニュ
原産地呼称
A.O.C.ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ
品種
ピノ・ノワール100%
ヴィンテージ
2018年
サイズ
750ml
合う料理
和食、夕食全般

生産者や畑の特徴

元料理人&元ミュージシャン!? 異例の経歴を持つ若き造り手、クリュションドー
当主のジュリアン・クリュションドーは、若くから料理人を志し、当初は料理人として腕を振るっていましたが、ワインに触れ合ううちに、ワインへの情熱が開花。栽培学と醸造学を学び、ジュヴレ・シャンベルタンのジェラール・セガンにて研修後、2001年より、ブーズロンにあるフランス・レシュノーで、醸造長を務めました。2005年には、彼が造り上げたブーズロンが、地元コート・シャロネーズのコンクールで金賞を受賞し、世間の評価と注目を集めることになります。

醸造長として働く傍ら、2003年より自らのワイナリーであるドメーヌ・クリュションドーをスタート。初期はブーズロンに拠点を構えていましたが、2007年にオート・コート・ドニュイのショー村に移転。2009年には、コート・ドールの畑である「ニュイ・サン・ジョルジュ」や「サヴィニィ・レ・ボーヌ」の畑を手に入れることになります。現在では、メタヤージュ(折半耕作)を行っているピュリニー・モンラッシェを含め、4.5ha、9つのアペラシオンのワインを生産しています。年間生産量は約20,000本ながらも、クリュションドーのワインは、欧米を中心に高く評価されており、瓶詰め後にはすぐに品切れになるキュベも多数あります。これからの活躍が見逃せないブルゴーニュの若手生産者の中の一人でしょう。

また、クリュションドーには、ミュージシャンとしての過去もあります。Shrink Orchestraという電子音楽グループに所属し、2004年~2010年の間、ヨーロッパの各地で200回を越えるライブに参加。同グループ名にて、CDのリリースもしていました。

本来の果実味を最大限引き出すワイン造り
クリュションドーは、ブルゴーニュの他の生産者と比較すると、非常に個性的なワイン造りを行っています。収穫日は一般的なタイミングよりも約2週間遅れ。果実の酸味を失わないギリギリのタイミングまで果実が熟すのを待ってから収穫しています。
収穫後、全房を50%以上使用して浸漬。全房比率は、ヴィンテージにより100%になることもあります。低温浸漬は行いませんが、浸漬と発酵に4週間も費やします。(通常のワイナリーでは長くても2、3週間) 。さらにその間ピジョタージュと呼ばれるピジャージュとルモンタージュの中間的作業(※通常より大きな櫂棒を使用し、果房を上下させ、液体を大きく攪拌させるように行います)を行い、抽出には細心の注意を払います。発酵は常に天然酵母、さらに2003年ワイナリーが始まって以来、ブルゴーニュ地方では一般的ともいえる補酸補糖は一切行っていません。 このような製造法から、クリュションドーのワインは、完熟した果実味を活かし、そのままの味わいと香りを表現することに成功しています。

店長JunJunのおすすめコメント

グラスに注ぐと澄んだ赤紫色。赤系果実やチェリーの香りが優しく漂います。口に含むと柔らかいタンニンと少しスパイシーなニュアンスで全体的に非常に調和の取れた味わいです。
主張が強すぎず、かつ綺麗な果実味を堪能できるので、料理をゆったりと楽しみたい時におすすめしたい一本です。

ボディ

ライト
12345
フル

タンニン

控えめ
12345
強い

甘味

辛口
12345
甘口

果実味

控えめ
12345
豊か

アルコール度数

低い
12345
高い

地図